広告 旅・おでかけ

【おでかけ】個人旅行でしか行けない観光名所~金沢の古刹・妙立寺(中は迷路?!忍者寺の異名も)~

2022-11-03

今夏(2022)の夏の家族旅行の行き先として、添乗員である私が選んだのは金沢でした

小学生・中学生・高校生から大人まで家族全員が大満足だった夏の旅行の一部をご紹介します

次はどこへ出掛けよう、と考えておられる方の参考になれば嬉しいです

古刹 妙立寺は団体旅行では見学不可

私が初めて妙立寺を訪れたのは、2018年冬でした

会社の忘年会旅行を計画していた時、「忍者寺」との文字が目に飛び込みました

せっかく金沢まで出かけるのなら、ぜひ立ち寄ってみたいと思い予約の電話をしたところ、、

「旅行会社さまからのご予約は受け付けておりません」

と一蹴されてしまいました

おそらく理由としては、妙立寺側で見学時間と人数を厳密にスケジューリングしているからだと思います(その理由は後述します)

団体旅行では予定時間が前後することが起こりやすいので、旅行会社経由の団体予約は不可となっているのでしょう

そうして私は、私名義の個人予約という形で、時間厳守を約束して、予約をしました

添乗員が妙立寺をおすすめする理由

前述のように私が添乗員としてこの寺へ来ることはないのですが、団体予約が可能ならばぜひ皆さんを連れて行きたいと思うほどすばらしい古刹です

観覧予約が必要なお寺がそれほど多くない中で、妙立寺には予約してでも訪れたい理由があります

  • 別名「忍者寺」仕掛けが面白い
  • 創建当時のままの姿である
  • 時間と人数がきちんと管理されており、しっかりと見学できる
  • 必ず案内人が付いてくれるので、深く理解ができる

仕掛けなどについては、実際に訪れてみ見ていただくのが一番なので省きますが

当時のままの姿で現存する堂内は一見の価値があります

老朽化はもとより、危険防止の観点から予約時間と人数制限が設けられており、混みすぎることがない点も嬉しいです

妙立寺へ出掛ける時に注意すること(要予約・年齢制限あり)

予約せず行って、その場から予約電話をかけている人を見かけました

空きがあれば入場できますが、数時間後もしくは、その日は無理という可能性もありますので必ず旅行前に予約を取ってください

注意すること

  • 事前予約が必要(3日前より可)※2022年11月現在の情報
  • 専用駐車場は無し
  • 未就学児は入場不可

専用駐車場はありませんが近隣に有料駐車場がありますので、マイカーでも大丈夫です

「極楽寺駐車場」が一番近く、歩いて数分なのでおすすめです

それから堂内が迷路状態の妙立寺は危険個所が多いため、未就学児は一切見学ができないので、お子さんが少し大きくなってから連れて行ってあげてほしいです

夏の金沢が楽しい!ホテルの部屋から正面に花火大会が見えた

今回選んだ宿は、「天然温泉 加賀の宝泉 御宿野乃 金沢」、お部屋はファミリーフォースでした

宿泊した日は、偶然にも金沢市内で3年ぶりに行われる花火大会の日とのこと

市内は若干の混雑を感じましたが、私たちの部屋から真正面に花火を見ることができて大興奮!

朝ごはんには自分の好みに海鮮丼を作ることができ、これが旅の目的でもありました

たくさん食べてみんな朝からご機嫌になれました

少し足を延ばして「なぎさドライブウェイ」を走りたい

石川県には日本で唯一車で走行することができる砂浜、なぎさドライブウェイがあります

悪天候時は通行止めになる可能性もありますが、本当の波打ち際を走れるとのことで行ってきました

なぎさドライブウェイ(全長約8㎞)

窓を全開にして、海風を感じながら走るのは爽快です

途中、写真のように停車して散策もできますので、田舎の山から出かけた私たちはもう大興奮でした

色々と興奮しっぱなしの夏の家族旅行でしたが、あと何回家族全員で出かけることができるかと話しています

  • この記事を書いた人
アバター画像

しゅふてん

主婦、添乗員、母として毎日を過ごす40代ブロガー。 心も身体も変化の絶えない40代からを楽しく、より幸せに暮らすための工夫とチャレンジを綴っています。 ・総合旅行業務取扱管理者・国内旅行業務取扱管理者・運行管理者(旅客)・旅程管理主任者(国内)・アロマテラピー検定1級・日本温活協会認定温活士

よく読まれている記事

1

総合旅行業務取扱管理者の資格試験を受けると決めて、早めに勉強をスタートしようとテキストを用意したものの、当時の私はこんなことを考えていました。 総合旅行業務取扱管理者試験のテキストのページをめくりなが ...

2

旅行業界で働いている人、またはこれから旅行業界で働きたいと考えている人が取得を目指すのが、「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」ではないでしょうか。 両方取得した私ですが、今回は「総合 ...

3

平日であれ週末であれ、一日のんびりと過ごすことは主婦にとってなかなか容易なことではありません 7人家族の我が家ですが、誰にも気を使うことなくたった一人で過ごせる奇跡の一日が、昨日私にやってきました 朝 ...

4

今夏(2022)の夏の家族旅行の行き先として、添乗員である私が選んだのは金沢でした 小学生・中学生・高校生から大人まで家族全員が大満足だった夏の旅行の一部をご紹介します 次はどこへ出掛けよう、と考えて ...

-旅・おでかけ