広告 温活

寒がり40代主婦セレクト!寒い冬を元気に楽しく過ごすための購入品と愛用品

2022-10-28

かんたん温活を始めて約1年ですが、その効果により調子よく過ごせています

今冬も元気に過ごせるよう、秋真っ只中の10月から冬支度をはじめています

【内側からの温活①】黒豆茶と愛用のやかん

身体を冷やしてしまうのでダメだと思いながら、夏場は冷たい麦茶をゴクリゴクリと飲むのが好きです

10月に入ると涼しい風が吹くようになり、飲み物を温かい「黒豆茶」に替えました

私が期待するホット黒豆茶の効果

  • 血行促進
  • 頭痛緩和

血のめぐりが良くなって、身体が温まったり、頭痛の緩和になればと思っています

新光金属のIH対応 銅製ケトル

そしてお茶を入れるために使うのは、こちらの銅製やかんです

昨冬、コーヒーメーカーを新調する代わりに選んだのが、このやかんですが

銅は塩素を分解する作用があり、コーヒーもお茶も、インスタント味噌汁でさえまろやかに美味しくなります

主婦である私の朝一番の日課といえば、お湯を沸かすことですが

10月の朝5時、まだ薄暗い中のキッチンでひときわ明るく輝き、美しいこのやかんは私の宝物になりました

お湯を沸かし始めると、ほんわかと部屋が暖かくなるのを感じる瞬間がまた良いです

【内側からの温活②】ショウガの甘酢漬け

冷え改善、血行促進のために、作って食べるもののひとつが自家製「ショウガの甘酢漬け」です

自分で春に植え付け、秋に収穫した無農薬ショウガを使って今年は3キロ漬け込みました

湯がいたショウガを手で絞ると、手のひらがカーっと熱くなりますが、これぞ生姜のポカポカ効果です

血行促進、冷え性改善効果のあるショウガを積極的に食べて内側から暖かくポカポカになれればと思っています

【かんたん温活グッズ】ロングレッグウォーマー

以前の記事寒がり40代温活デビュー!愛用品とその効果にて紹介した私の愛用レッグウォーマーですが

ついに今冬ロングタイプを購入しました

シルク70% ナイロン28% ポリウレタン2%
合わせて読みたい

安いものではないですが、私が元気に過ごすために必要なものなので思い切って二足購入しました

着けてみると、ハイソックスの長さがありさらに暖かい!よく眠れるようになりました

これまで使用していたショートタイプは、ハンドウォーマーとして活躍しています

【かんたん温活愛用品】フットクリームとボディクリーム

体が冷えて血行が悪くなると、肌に必要な水分や栄養が行き渡らず、肌も乾燥します

血行促進をして身体を冷やさないよう、かんたん温活を続けていますが

それでも40代、乾燥は避けられません

ロクシタン フットクリーム

くるぶしから下は、お風呂上りにロクシタンのフットクリームを使っています

潤いの持続、しっとり感、香りも良く、これまでいろいろなフットクリームを使ってきましたが今はこれ一択、大のお気に入りです

ボディ用に、初めてヴァセリン ボディローションを買ってみました

家族みんなで使っていますが、評価はおおむね良いです

まとめ:できることから工夫して寒さを乗り切る

飲み物を替えたり、レッグウォーマーを替えたり、食べ物をひとつ加えたりするだけですが

昨年始めた私のかんたん温活を、今年は少しだけレベルアップして続けてみます

免疫力アップのために、いろいろと取り組みながら最終的には体温上昇までを目指したいと思っています

  • この記事を書いた人
アバター画像

しゅふてん

主婦、添乗員、母として毎日を過ごす40代ブロガー。 心も身体も変化の絶えない40代からを楽しく、より幸せに暮らすための工夫とチャレンジを綴っています。 ・総合旅行業務取扱管理者・国内旅行業務取扱管理者・運行管理者(旅客)・旅程管理主任者(国内)・アロマテラピー検定1級・日本温活協会認定温活士

よく読まれている記事

1

総合旅行業務取扱管理者の資格試験を受けると決めて、早めに勉強をスタートしようとテキストを用意したものの、当時の私はこんなことを考えていました。 総合旅行業務取扱管理者試験のテキストのページをめくりなが ...

2

旅行業界で働いている人、またはこれから旅行業界で働きたいと考えている人が取得を目指すのが、「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」ではないでしょうか。 両方取得した私ですが、今回は「総合 ...

3

平日であれ週末であれ、一日のんびりと過ごすことは主婦にとってなかなか容易なことではありません 7人家族の我が家ですが、誰にも気を使うことなくたった一人で過ごせる奇跡の一日が、昨日私にやってきました 朝 ...

4

今夏(2022)の夏の家族旅行の行き先として、添乗員である私が選んだのは金沢でした 小学生・中学生・高校生から大人まで家族全員が大満足だった夏の旅行の一部をご紹介します 次はどこへ出掛けよう、と考えて ...

-温活