温活

汗活でデトックス!初めての「酵素浴」で体温上昇

2022-12-30

「暑さを感じても、なかなか汗が出ない」それが自分で認識している私の体質です

ダラダラと汗をかけるのは夏の畑仕事の時だけ

サウナも岩盤浴も試したみたけれど、熱がこもってのぼせ状態、頭痛がして発汗まで至らない

「汗をかきたい!」と思い続けて20年、初めての酵素浴を体験すると、平熱35.8℃の私が、なんとその翌日まで体温36℃代を保っていたのです

酵素浴の前に

まず、予約時に「体調が良いことが前提条件ということと、食事時間を考慮すること」を伝えられていました

極端な空腹時や、食後すぐは避けてくださいと言われたので、食事は取り過ぎないように気を付けて出かけました

そして当日は、スタッフより酵素風呂に入る前のカウンセリングを細かく受けた後、

  • お手洗いに行き
  • 水分補給をし(マイボトルに黒豆茶を入れていきましたが、ペットボトルの水を一本いただけました)
  • 紙ショーツと紙ブラジャーに着替え、シャワーキャップを装着して(耳栓もありましたが、私は使用しませんでした)

酵素浴室へ向かいました(もちろん体調は万全です)

「酵素浴」第一回目の体感と感想

初めての酵素浴で感じたこと

  • 開始後すぐ、手先・足先にピリピリとした感覚有り
  • 思ったよりも熱かった
  • 15分間の酵素浴は「あっという間」
  • シャワー時、肌がヌルヌル?⇒ツルツル!

冷えて血流の悪くなった、手先足先の血流が良くなり温かくなったことでピリピリとした感覚を覚えたのだと思います

驚いたのは、シャワーでおが粉を流すとき”ヌルヌル”してる~と思ったのですが、すぐにそれは”ツルツル”だと分かりました

酵素風呂には米ぬかも入っているので、米ぬかの保湿効果と、発汗による保湿効果の相乗効果で肌がツルツルになったのです

スタッフ・家族に言われたこと

  • スタッフ「お顔の汗を拭きましょうか」(開始5分後)
  • 息子「顔がいつもより赤いね」
  • 息子「変なにおいがする」

あんなに汗をかけない私が、開始5分で拭くほどの汗が出たことにビックリ

スッキリとした気分で帰宅すると、息子に「くさい」と言われへこみました(笑)

発酵熱を利用した酵素浴、私自身がお漬物になったような匂いでしょうか、自分では分かりませんでした

でも帰りにどこへも寄らずに帰宅して良かったのかもしれません

汗をかいてデトックス

汗をかいて本当にスッキリとしました

汗をかくとなぜか気持ちがスッキリします、これはもしかしてストレス解消にもなる?!

一般的には、老廃物や余計な水分を排出することで新陳代謝も上がりデトックス効果があるといわれています

15分間の酵素浴は、有酸素運動数時間分の運動量と同程度だそうです

「体調が良いことが前提条件、食事時間を考慮すること」と言われた理由はこれでした

酵素浴後の体の変化

私は2021年秋から温活を始めましたが、始めたきっかけのひとつに低体温があります

低体温の弊害として、冷え、頭痛、乾燥肌などの不調を感じていました

理想的な体温は36.5℃~37.0℃ですので、平熱35.8℃の私が不調を覚えるのは当然です

今回初めての酵素浴をしてみると、当日夜の体温が36.1℃、翌日も36.0℃を保っており

15分の酵素浴で0.3℃の体温上昇となりました

その時の率直な感想は「体温が上がると顔、お腹が温かい」ということ

いつもこんな風だったらいいのに

平熱36.3℃を目指して、温活を続け酵素浴も定期的に利用したいと思います

  • この記事を書いた人
アバター画像

しゅふてん

主婦、添乗員、母として毎日を過ごす40代ブロガー。 心も身体も変化の絶えない40代からを楽しく、より幸せに暮らすための工夫とチャレンジを綴っています。 ・総合旅行業務取扱管理者・国内旅行業務取扱管理者・運行管理者(旅客)・旅程管理主任者(国内)・アロマテラピー検定1級・日本温活協会認定温活士

よく読まれている記事

1

総合旅行業務取扱管理者の資格試験を受けると決めて、早めに勉強をスタートしようとテキストを用意したものの、 当時の私はテキストのページをめくりながら、こんなことを考えていました 限られた時間内で、この分 ...

2

旅行業界で働いている人、またはこれから旅行業界で働きたいと考えている人が取得を目指すのが、「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」ではないでしょうか 両方取得した私ですが、今回は「総合旅 ...

3

平日であれ週末であれ、一日のんびりと過ごすことは主婦にとってなかなか容易なことではありません 7人家族の我が家ですが、誰にも気を使うことなくたった一人で過ごせる奇跡の一日が、昨日私にやってきました 朝 ...

4

今夏(2022)の夏の家族旅行の行き先として、添乗員である私が選んだのは金沢でした 小学生・中学生・高校生から大人まで家族全員が大満足だった夏の旅行の一部をご紹介します 次はどこへ出掛けよう、と考えて ...

-温活